コラムCOLUMN

2021.1.6年末年始に弱った胃腸を整え、増えた体重をリセットする漢方薬

梅川 哲朗

大賀薬局 ライフストリーム 漢方薬梅川 哲朗

0

1

年末年始に弱った胃腸を整え、増えた体重をリセットする漢方薬

年末年始はいかがお過ごしでしたか?この時期いつもより食べる機会や量が大幅に増えて、胃腸の調子を壊したり、体重の増加が気になる方も多いのではないでしょうか。
そんな方には、お正月明けの、それぞれの気になる症状に合わせた、上手な漢方薬の活用をお薦めします。




胃腸の調子が思わしくないという方にオススメの漢方


◆『胃苓湯』
〝平胃散″と〝五苓散″という処方を合わせたもので、消化管の運動を促進して消化吸収を高めて、水分の停滞を取り除き、下痢や吐き気を改善してくれます。
食べ過ぎ・飲み過ぎ・胃のもたれ等でたびたび胃薬を飲むことがある人や、冷たい物をよくとって胃が冷えた感じがある人、下痢ぎみの人に良く効きます。
また、下痢の水分を便から尿へと出口を変える働きもありますし、下痢自体をすぐに止めてしまうわけでもないので、排出する必要があるウイルス性のものにも使うことができます。
舌を見ると、苔(こけ)が白くねっとりして広がった感じがあります。



◆『半夏瀉心湯』
配合生薬の「半夏」がげっぷや吐き気など、下から上に上がってくる感じ(上逆)をおさえ、「黄連」「黄芩」が胃の上部の熱を冷まし、「乾姜」で腸を中心にお腹を温めてくれます。
胃が熱い感じや胸焼け感、みぞおち辺りのつかえ、神経性胃炎、腹がよく鳴ってガスを生じやすい、軟便・下痢傾向の人などに多く処方されています。
また、よく脂っこいものを食べたり、ストレスでお腹をこわしやすい人、口内炎ができやすく口臭が気になる人にも効果的です。
舌を見ると、苔がやや黄色くねっとり広がった感じがあります。

他にも漢方薬は、〝胃″ではなく〝腸″のトラブルである「便秘」にも、それぞれの体質に合わせて効果を発揮してくれます。

ここでは、具体的な処方名と、その解説についての話は割愛させて頂きますが、漢方製剤の便秘薬の特徴としては、西洋薬に比べて穏やかに効いてくる(突然効いてきたりしない)、わりと習慣性がつきにくい、便秘と下痢を繰り返しながら便が出にくい症状(しぶり腹)にも対応できるということなどが上げられます。




増えてしまった体重にオススメの漢方


◆『防風通聖散』
肥満症という効能がある処方の中で、最もポピュラーな漢方薬で、食欲旺盛でいつも美味しく食べられるタイプの人に向いています。
食欲増進ホルモンのグレリンの分泌を抑え、発汗・利尿・便通・利胆(胆汁を分泌して脂肪の消化を助長)の作用で、あらゆる経路から排泄・解毒を促します。
また、臓器を弱らせ代謝を悪くして、余分なものを溜め込みやすくする原因となる「過食による熱」も冷ましてくれます。
ただし、冷え性の人は冷えが強くなったり、胃腸が弱い人は下痢や軟便になったり、食塩制限が必要な人は芒硝(硫酸ナトリウム)が含まれているために注意が必要です。



◆『防己黄耆湯』
食欲が強いわけでもなく、そんなに量も食べられないのに太りやすい人、ぽっちゃりしていて汗かきでむくみやすく、胃腸が弱く疲れやすいタイプの人に向いています。
胃腸を元気にして代謝機能を立て直し、食べたものをエネルギーに変えてくれます。
そして、全身の水の巡りをよくして余分な水分を排出し、むくみや水太りを解消して、締まりのない体を引き締めてくれます。



◆『大柴胡湯』『柴胡加竜骨牡蛎湯』
現在のコロナ禍なども含めた気疲れやストレス等により、自律神経が乱れて食欲が異常に増進したり、お腹が空いてないのに常に何か口に入れたくなって、体重が増えてしまった人に向いています。
ストレスによるエネルギー(気)の停滞を改善して、自律神経の過剰な亢進を静め、胃熱などの過食の原因となる体の熱を取り除き、胃腸の機能を高めて代謝機能を整えます。




体質にあわせた代謝改善の漢方


さらには、『当帰芍薬散』、『当帰四逆加呉茱萸生姜湯』、『桂枝茯苓丸』、『桃核承気湯』といった処方も、各自の体質にあわせて、冷えや血流の停滞が原因で起こる水滞や瘀血を改善し、水分や血液の巡りを良くして基礎代謝を上げて、痩せやすい体になるのを助けてくれます。

漢方薬は、ただ単に、「肥満症に」とか、「皮下脂肪が多い方に」と書いてあるものを選べば、誰でも代謝が上がって痩せられるというものではないので、それぞれに、代謝が落ち体重が増えてしまった原因をきちんと見極めた上で、処方を選ぶことが大変重要となってきます。




漢方だけでダイエットは成功しません


ダイエットを成功させることは、決して漢方薬を飲むだけで出来ることではありません。
そこにはすべて〝生活習慣の見直しと改善″が根底にあってこそ効果が期待できるのです。

例えば、年末年始の間に夜ふかしをしてしまった人は、なるべく早く、ふだんの生活と同じ睡眠のリズムに戻しましょう。睡眠不足は、食欲ホルモンの分泌を増加させたり、新陳代謝の低下を起こします。(もちろん、寝過ぎもリズムが狂ってしまいます。)

また、食事に関しても、できるだけゆっくりと噛む回数を意識しながら、さらにしっかりと噛むことを心掛けましょう。そうすることで満腹感がきちんと感じられるようになり、唾液の分泌も増えて、胃や消化器系の働きを助けて代謝機能の向上につながります。

それから、人は加齢とともに基礎代謝力が低下していきます。
代謝熱を作る筋肉の減少や衰えが、基礎代謝の衰えにつながってしまうので、日頃から歩く機会を増やして筋肉を鍛え、下半身の血流を良くして、代謝力のアップにも努めましょう。

胃腸の調子を壊したり、体重が増えてしまった原因となる生活習慣をきちんと見直して、なるべく規則正しい生活を心掛けることで、漢方薬の効果はさらに高まるものと思われます。

いいね 1
0

コメント

記事についてコメントする

ニックネームとコメントを
入力してください。

ニックネームを入力してください。

コメントを入力してください。

コメントを投稿する
梅川 哲朗

ご相談は私までお声がけください!



梅川 哲朗 (登録販売者・九州中医薬研究会会員・国際中医臨床薬膳師)
所属店舗 ライフストリーム

ご相談の際は、店舗宛TEL092-733-7231までご連絡ください。
店舗の詳細はこちら



色んな症状を持ちながら診療では病気ではないと言われて悩むお客様方にお役に立ちたく、日々、中医薬診断の学びと実践に努めています。細かい症状などを伺って体質を判定し、お客様個々に合った漢方薬や市販薬の上手な活用法をご提案しております。お気軽にご相談下さいませ。

お問い合わせCONTACT