コラムCOLUMN

2021.4.1薬剤師とドーピング part.1

吉岡 靖史

大賀薬局 弥生ヶ丘店 薬剤師吉岡 靖史

0

1

薬剤師とドーピング part.1

スポーツファーマシストとは


今回コラム記事を執筆させて頂く公認スポーツファーマシストの吉岡です。
公認スポーツファーマシストという言葉ですが、初めて聞く人がほとんどではないでしょうか?
公認スポーツファーマシストというのは、薬剤師の中でもドーピングに関する専門知識を持った薬剤師のことで、日本アンチ・ドーピング機構(JADA)によって認定される専門薬剤師のことです。





スポーツファーマシストの活動内容



主な活動内容としては
・医薬品の適正使用とアンチ・ドーピングに関する情報提供
・学校教育の現場におけるアンチ・ドーピング情報を介した医薬品の使用に関する情報提供
・地域におけるスポーツファーマシストの存在とアンチ・ドーピング活動の周知
・国民体育大会に向けての都道府県選手団への情報提供・啓発活動 等
となっています。

実際に私が行っている具体的な活動としては、薬局に市販薬やサプリメントを買いに来られたアスリートの方へ、ドーピング違反となる成分が入っていない製品を販売すること
処方箋を持ってこられたアスリートの処方薬に禁止物質が含まれていないかの確認、及び正しく医薬品を使ってもらうための指導を店頭では行っています。
店頭以外の活動としては、国体に参加される佐賀県選手団の団結式で、ドーピングに関する情報提供や、さが桜マラソンの会場でスポーツファーマシストの存在を周知する活動を行っています。
よく言われるのが、オリンピックとかでドーピング検査をする人と思われがちなのですが、検査をする人ではありません。検査をするにはまた別の専門資格があり、薬剤師以外の方でも検査員の資格を取ることができます。





スポーツファーマシストに相談してみたい時は



スポーツをされる方の中でもまだまだ認知度が低いスポーツファーマシストですが、名前だけでも覚えて頂けたでしょうか?スポーツをしているけど、どこにスポーツファーマシストが在籍しているのか、連絡先が知りたいという方はネットの検索エンジンで「スポーツファーマシスト 検索」と入力していただければ検索ページが出てきますので、参考にされてみてください。
もちろん、私が在籍している店舗に直接連絡していただいても大丈夫です。

いいね 1
0

コメント

記事についてコメントする

ニックネームとコメントを
入力してください。

ニックネームを入力してください。

コメントを入力してください。

コメントを投稿する
吉岡 靖史

ご相談は私までお声がけください!



吉岡 靖史(認定実務実習指導薬剤師、公認スポーツファーマシスト、初級障がい者スポーツ指導員、プロダーツプレイヤー)
所属店舗 大賀薬局 弥生ヶ丘店

ご相談の際は、店舗宛TEL 0942-87-3415までご連絡ください。
店舗の詳細はこちら



スポーツ領域のスペシャリストになるために、公認スポーツファーマシストの資格を取得。また、アスリートに少しでも寄り添えるような存在になるべく、自身もプロダーツプレイヤーのライセンスを取得。全てのアスリートが違反にならないよう日々精進しています。
ドーピング関連以外でも、サプリメントや食事、栄養、日常生活など幅広い知識を習得しようと奮闘しています。
どんな内容でも気軽に電話やメール、直接の来局でのご相談お待ちしています。

お問い合わせCONTACT