コラムCOLUMN

2020.9.1ニオイ、汗じみ、気になる汗の悩みと原因

梅川 哲朗

大賀薬局 ライフストリーム 漢方薬梅川 哲朗

ニオイ、汗じみ、気になる汗の悩みと原因

人が汗をかくということは、自然な生理現象なのですが、ベタベタとしたなかなか引かない汗は、出来ることなら、なるべくかきたくありませんよね。

ここではそんな「汗」について少し考えてみたいと思います。





汗の役目とは?

汗の最も大切な役目は「体温を調節する働き」です。
例えば夏の打ち水が、その気化熱で地面から熱を奪い温度を下げるように、体が熱くなって出た汗も、その気化熱によって皮膚を冷やして体温の調節をしてくれます。
健康な人なら誰しも、環境と体温の上昇に応じて汗をかき、体温調節を行っているのです。

そしてもう1つの主な役目は「肌の保湿作用」です。
汗に含まれる尿素などの成分は、天然の保湿因子として肌の潤い維持に貢献してくれます。そのため汗をかけない人は、乾燥肌になったり、アトピー性皮膚炎が酷くなったりもします。

その他にも汗は、人体の最前線で、病原体などから身体を守る、免疫システムの働きがあるとも考えられています。




気になる汗の悩み

この汗を分泌する汗腺には「エクリン腺」と「アポクリン腺」の2つの種類があって、それぞれに特徴があります。
「エクリン腺」は、ほぼ全身に分布しており、出る汗は無色無臭で、99%が水分です。
サラサラした汗を出し、蒸発するのもわりと早く、主に体温調節の役目を担っています。
「アポクリン腺」は、腋、乳輪、陰部などにあって、出る汗はベタベタしてやや乾きにくく、脂質やたんぱく質等を含み、薄っすらと白く濁っていて、皮膚の常在菌に分解される際には、臭いのもとになっていると言われています。


こうした汗に関する悩みの中でも特に多いのが「ニオイ」「汗じみや黄ばみ」「多汗症」です。

汗の「ニオイ」は、前述の皮膚の常在菌に分解された汗に、皮脂腺に分解された皮脂が加わって発生したものです。腋の下で強い臭いになると、ワキガと呼ばれる症状にもなります。
そしてこの汗腺のアポクリン腺から出る汗の量が、かなり過剰になってくると、衣類に滲んで「汗じみや黄ばみ」を起こしてしまいます。
また、「多汗症」には様々な原因がありますが、主には、汗腺をコントロールしている自律神経が失調したために、体温とは無関係に汗が増えてしまう症状だと考えられます。


現代社会においては、冷房による快適な環境の普及や運動不足による発汗機能の低下、冷飲の過多による汗腺の閉塞などで、良い発汗をする機会が少なくなってきています。
汗腺は筋肉と同じように、使わないとだんだんと衰えてしまうので、ろ過した物質の再吸収機能も落ちて、濃いベタベタの汗になり、ニオイもきつくなってしまいます。



汗によるトラブルを防ぐには

では、上手に汗腺を鍛えたり、汗によるトラブルを防ぐためには、どんな方法が考えられるでしょうか?
以下に主なものをいくつか例としてあげてみたいと思います。

1.適度な運動や入浴などで自然な代謝機能を上げて、できるだけ汗をかく機会を増やし、アポクリン腺などの汗腺に、汚れが溜まるのを防ぐ。
2.食生活を見直してみる。(脂っこいもの、濃い味のものを控えてみたり、時には暑い日に温かいものを取って、体内は温めて、体表は自然な汗で冷やしてみるなど。)
3.制汗剤、汗ふきシートなどをまめに使う。また、服についている常在菌もニオイの原因になると言われているので、できれば衣類もまめに着替える。
4.なるべくストレスを減らすように努める。(ストレスは、自律神経のバランスを乱して交感神経を優位にしてしまい、一気に汗の量を増加させてしまうので。)



それでもなかなか汗による悩みが解消されない場合には、細かく体質を見極めた上で、漢方薬を活用しながら、症状を改善していくのもよいかと思います。

・汗の悩みが全身に及ぶものならば「防己黄耆湯」や「補中益気湯」や「生脈散」
・更年期などによるホルモンバランスの乱れからくる汗なら「加味逍遥散」や「桂枝茯苓丸」
・局所性の多汗症などなら「柴胡桂枝乾姜湯」や「竜胆瀉肝湯」
・赤ら顔で熱っぽくイライラ気味の汗なら「三黄瀉心湯」や「黄連解毒湯」
・色々と混合しているようなら「五苓散」や「黄耆建中湯」や「玉屏風散」

などが、漢方の専門分野ではよく処方されています。


この時期に、不快な汗対策をしっかり取りながらも上手に汗をかき、体温の調節機能を整えることが、冬のしもやけや冷え性の緩和へと繋がっていきます。
今のうちから、きちんと汗腺を鍛えておいて、次の季節に備えておきましょう。

梅川 哲朗

ご相談は私までお声がけください!



梅川 哲朗 (登録販売者・九州中医薬研究会会員・国際中医臨床薬膳師)
所属店舗 ライフストリーム

ご相談の際は、店舗宛TEL092-733-7231までご連絡ください。
店舗の詳細はこちら



色んな症状を持ちながら診療では病気ではないと言われて悩むお客様方にお役に立ちたく、日々、中医薬診断の学びと実践に努めています。細かい症状などを伺って体質を判定し、お客様個々に合った漢方薬や市販薬の上手な活用法をご提案しております。お気軽にご相談下さいませ。

お問い合わせCONTACT