コラムCOLUMN

2022.8.16残暑を乗り切る!夏バテ予防と対策におすすめの過ごし方

管理栄養士チーム

管理栄養士チーム

0

5

残暑を乗り切る!夏バテ予防と対策におすすめの過ごし方

暦の上では秋になりましたが、まだまだ厳しい暑さが続いていますね。
体調に変化はありませんか?
この時期特有の、「元気が出ない」「疲れやすい」「なんとなく調子が悪い」「食欲がない」などの不調、いわゆる“夏バテ“に悩まされる方も多いのではないでしょうか。
今回は、そんな夏バテを防ぎ、少しでも快適に過ごすためのおすすめ生活習慣をご紹介します。




夏バテの原因とは?


暑さにより疲労を感じやすいというのもありますが、夏バテの大きな原因は、自律神経の乱れです。冷房の効いた室内と高温環境の屋外では気温差が激しく、自律神経の働きが乱れてしまいます。この自律神経には、交感神経(体と心を活発に動かすときに働く神経)と副交感神経(体と心を休め、リラックスするときに働く神経)があり、2つの神経がバランスを取りながら、脳や内臓、体温など、体の様々な機能を調節しています。
そのため、自律神経の働きが乱れると調節機能がうまく働かず、疲れやすくなったり、胃腸や全身の不調が出やすくなったりします。
この他にも、
・食欲の低下により、必要な栄養素が不足
・発汗による水分・ミネラル不足
・寝苦しさによる睡眠不足
などが不調の原因と言われています。





夏バテ予防のための生活習慣


・屋外との温度差や体の冷えに注意する
熱中症対策のためにぜひ冷房や扇風機は適切に使用していただきたいですが、屋外との温度差が大きすぎると自律神経の乱れに繋がります。冷房が効きすぎる場合は温度を上げる、風が直接あたらない場所に移動する、上着を羽織る、など、冷房環境下では体が冷えすぎないように調節してみましょう。


・質の高い睡眠をとる
夏は特に暑さにより疲労を感じやすくなります。疲労回復や自律神経を整えるためにも睡眠は欠かせません。就寝前に38度~40度のお風呂に浸かると、疲労回復や睡眠の質の向上、自律神経を整えることにも繋がるためおすすめです。


・栄養素をバランスよく摂る
食欲がないから簡単に・・・となりがちなこの季節のお食事。
必要な栄養素が不足すると、さらに食欲低下が起こる・疲労感が増すなど様々な不調を
引き起こす原因となります。
〈夏バテ予防・疲労回復のために特にとりたい栄養素〉
たんぱく質・・・筋肉・血液・骨・皮膚など体の多くの部分を構成する重要な栄養素です。
(肉・魚・大豆製品・乳製品・卵など)
ビタミンB1・・・糖質をエネルギーに変えてくれるビタミンB1は、疲労回復効果が期待できます。(豚肉・うなぎ・玄米・もち麦など)
アリシン・・・ビタミンB1の吸収を促進してくれる作用があります。(ニラ・玉ねぎ・長ネギなど)
クエン酸・・・疲労物質の乳酸を分解し、疲労回復効果が期待できます。(レモンなどの柑橘類・梅干しなど)


・こまめに水分やミネラルを補給する
気温が高い夏は汗を多くかくため、より多くの水分摂取が必要です。
水分は一度に多くとるのではなく、のどの渇きを感じる前に、コップ1杯程度をこまめに補給するのがオススメです。
また、汗と一緒に体内のナトリウム・カリウムなどのミネラルも失われています。
運動や屋外の活動などで大量に汗をかいた場合は、ミネラルの補給も行いましょう。


大賀薬局では、ミネラル補給に最適な天然塩の塩あめを取り扱っております。
たくさん汗をかくこの季節の塩分補給に、ぜひお試しください。

大賀薬局 天然温泉塩 塩あめ

商品のご購入はこちら

執筆者:管理栄養士 榮 真利奈、荻野 桃、宮田 千紘


いいね 5
0

コメント

記事についてコメントする

ニックネームとコメントを
入力してください。

ニックネームを入力してください。

コメントを入力してください。

コメントを投稿する
管理栄養士チーム

ご相談は私たちまでお声がけください!


所属店舗 大賀薬局 新事業開発部
ご相談の際は、TEL092-414-7362までご連絡ください。
↓管理栄養士のインスタグラムやってます
ohga_cookingstyle

喜田 有紀 (管理栄養士・登録販売者)

病院に行く程ではないけれど、ちょっと聞いてみたい、自分なりに健康に良いと思うことを実践しているけれど、本当に自分に合っている方法なのか聞いてみたい、というお客様の相談に乗っています。健康診断で数値が心配な方、医師から食事に気を付けて、と言われたけど、何から始めたら良いか分からないという方、一緒においしく楽しく、食と栄養のパーソナルレッスンをしませんか。大きな病気になってしまう前に、出来ることはたくさんあります。お客様のライフスタイルに合った方法を一緒に考えてみませんか。



宮田 千紘 (管理栄養士・登録販売者)

特定保健指導を中心に、栄養相談・セミナーなど健康づくりを支援する活動をしています。多くの方に食事の大切さをお伝えして、食事が原因で体調不良や病気になってしまわないよう、サポートしていきたいと思っています。乳幼児~高齢者まで、年代や生活スタイルに合わせたより良い食習慣をお伝えしていきます。ご自身やご家族の栄養面が気になる方、ぜひお気軽にご相談ください。



荻野 桃 (管理栄養士・登録販売者)

自分の身体は自分で管理していかないといけない。健康寿命を長くしたい。という思いから、管理栄養士の資格を取得しました。食べることが大好きな私ですが、身体が喜ぶ食事をモットーに日々栄養学と向き合っています。栄養設定はひとりひとり違います。ご自身の体格、ライフスタイルに合った食と健康のアドバイスをご提供いたします。ちょっとしたことでも構いません、お気軽にお尋ねくださいね。栄養に関する考え方が変わってくるかもしれません。



榮 真利奈(管理栄養士・登録販売者)

食を通して、心も体も健康に過ごすお手伝いがしたい。気軽に相談できる身近な存在でいたい。そんな思いで日々活動しています。
普段何気なく食べている食事が、私たちの体をつくっています。心と体の元気の源、生きていく上でとても大切です。そんな毎日の食事を美味しく楽しく、そして負担なく続けられる食事のご提案を行っております。楽しく元気に過ごせる食習慣を見つけましょう。

お問い合わせCONTACT