コラムCOLUMN

2021.8.23育児でも超オススメ!よく噛む習慣はコスパ◎!

管理栄養士チーム

株式会社 大賀薬局  管理栄養士チーム

0

1

育児でも超オススメ!よく噛む習慣はコスパ◎!

前回のコラムで、よく噛まない速食いは損をしているかも…という情報を簡単に共有させていただきました。今回は、こどもの頃からよく噛むことを習慣化することのメリットを一緒に見ていきたいと思います。




よく噛むことの6つのメリット


1.食物の消化をしやすくする
お口は第一の消化器官です。噛むことにより食べた物を嚥下しやすくなり、また、噛むことによって反射的に唾液や消化液の分泌量が増し、消化されやすくなります。よく噛まずに飲み込むと唾液からの消化酵素が充分に働かない為、他の消化器官に負担がかかってしまいます。


2.食べることの満足感や喜びが得られる
噛むことにより、味物質が溶出して拡散されるため食べ物をより深く味わうことができます。


3.食物に混ざっている異物を発見できる
口の前部、唇、舌先の感覚は敏感で、噛むことにより食べ物に混入した異物を発見することができます。


4.口腔内の自浄作用がある
噛むことにより、口腔内の各組織は代謝が亢進し、細菌の繁殖を抑制し、また、物理的にも、歯に付着した食べ物のかすなどが取り除かれます。


5.顎や口腔組織の正常な発達に役立つ
噛むことにより、咀嚼器官の正常な発達が促進され、歯の発育にも役立ちます。


6.脳内の血液量の増加、覚醒効果、リラックス効果がある
噛むことは、歯を丈夫にするだけでなく、肥満、認知症、視力低下、姿勢悪化、虫歯などを予防し、内臓の働きを助け、大脳の働きを活発にし、精神を安定させます。




最近多い負のサイクル


現代人は、食事にかける時間が減ってしまったこと、軟らかい食べ物を好むようになったことなどから、噛む回数が激減しています。その結果、虫歯ができやすくなる、歯並びが悪くなるなどの悪影響が出てしまいます。乳歯が生えそろう2~3歳はりんご、柿の果物から、4歳頃からゴボウ、レンコン、たくあんなどに挑戦してみるのもよいかと思います。よく嚙む習慣は、味覚と同じくらい大切な、お子様の将来の健康を守る一生モノのプレゼントです。一口食べ物を口に入れたら、手をたたきながら楽しく30回数を数えるなどして、ゲーム感覚でよく噛むことの大切さをお子様と一緒に学べるといいですね!


いいね 1
0

コメント

記事についてコメントする

ニックネームとコメントを
入力してください。

ニックネームを入力してください。

コメントを入力してください。

コメントを投稿する
管理栄養士チーム

ご相談は私たちまでお声がけください!


所属店舗 大賀薬局 新事業開発部
ご相談の際は、TEL092-414-7362までご連絡ください。
↓管理栄養士のインスタグラムやってます
ohga_cookingstyle

喜田 有紀 (管理栄養士・登録販売者)

病院に行く程ではないけれど、ちょっと聞いてみたい、自分なりに健康に良いと思うことを実践しているけれど、本当に自分に合っている方法なのか聞いてみたい、というお客様の相談に乗っています。健康診断で数値が心配な方、医師から食事に気を付けて、と言われたけど、何から始めたら良いか分からないという方、一緒においしく楽しく、食と栄養のパーソナルレッスンをしませんか。大きな病気になってしまう前に、出来ることはたくさんあります。お客様のライフスタイルに合った方法を一緒に考えてみませんか。



岩井 千紘 (管理栄養士・登録販売者)

普段は店舗での栄養相談会、企業・学校向け健康セミナー等の活動をしています。多くの方に食事の大切さをお伝えして、食事が原因で体調不良や病気になってしまわないようにサポートしていきたいと思っています。皆様の健康な生活維持の為に、より良い食事の知識をお伝えしていきます。ご自身やご家族の栄養面が不安な方、一緒に解決策を考えて参りますのでお気軽にご相談ください。食事の力で毎日を元気に過ごしていきましょうね。



荻野 桃 (管理栄養士・登録販売者)

自分の身体は自分で管理していかないといけない。健康寿命を長くしたい。という思いから、管理栄養士の資格を取得しました。食べることが大好きな私ですが、身体が喜ぶ食事をモットーに日々栄養学と向き合っています。栄養設定はひとりひとり違います。ご自身の体格、ライフスタイルに合った食と健康のアドバイスをご提供いたします。ちょっとしたことでも構いません、お気軽にお尋ねくださいね。栄養に関する考え方が変わってくるかもしれません。

お問い合わせCONTACT