コラムCOLUMN

2021.8.3管理栄養士オススメ!酒蔵の甘酒を作った2色のスムージー

管理栄養士チーム

管理栄養士チーム

0

29

管理栄養士オススメ!酒蔵の甘酒を作った2色のスムージー

暑い日々が続いて、この時期は食欲もなくってしまい、夏バテになりがちですよね。
この夏バテ対策に甘酒を使ったスムージを紹介いたします。おしゃれでおいしいスムージを作って夏バテを乗り切りましょう!




材料(二人前)
【下の層】
甘酒:100g
豆乳:100g
キウイ:80g
バナナ:80g
レモン汁:少々

【上の層】
甘酒:100g
豆乳:100g
冷凍ブルーベリー:100g
トッピング用のブルーベリー

【作り方】
1・まずは下層を作成します
2・グラスにバナナ80gとキウイ80gを入れます
3・甘酒100g
4・豆乳100g
5・レモン汁少々
6・ミキサーでよく混ぜます
7・グラスに7割のところまで注ぎます
8・次に上層の作成
9・ブルーベリー100g、甘酒100g、豆乳100gをミキサーに入れてよく混ぜます
10・先ほどのグラスに上からかけます。スプーンで入れるときれいにできますよ
11・トッピングにブルーベリーを乗せて出来上がり!

実は、甘酒は夏の季語であり、江戸時代では「体調のすぐれない高齢者やお子様の栄養補給には甘酒」と言われていたそうです。
これは甘酒の成分が、飲む点滴と言われているほど栄誉価が高く、食欲がないときの栄養補給にぴったりであることからです。というのも、甘酒はブドウ糖やビタミンB群、アミノ酸が豊富に含まれていて、かつ吸収が早いのが特徴だからです。甘酒は酒麹から作るものと米麹から作るものがありますが、今回使用した甘酒は米麹から作るものを指します。米麹から作る甘酒はノンアルコールですので、お子様や高齢者の方でも安心して頂くことができます。この甘酒に「豆乳」でタンパク質とカルシウム、「バナナ」「キウイ」「ブルーベリー」でカリウム・ビタミンC・ビタンミンE・食物繊維なども補充できるのが今回のスムージーです。



主な成分の効能


タンパク質:アミノ酸によって構成、人間の体を構成する三大栄養素の1つ
カルシウム:体の中でもっとも多いミネラル要素、骨や歯だけでなくあらゆる生命活動の中心的役割
カリウム:塩分排泄効果による高血圧やむくみの解消、運動中に筋肉けいれんの緩和
ビタミンC:抗酸化作用、免疫力向上、美肌効果
ビタミンE:ビタンミンCとの相乗効果
食物繊維:血糖値急上昇の抑制・便秘解消

風邪予防・疲労回復・ダイエットにも効果的ですので、是非お試しください。




ピックアップ商品:酒蔵の甘酒 JAPANESE YOGHRT


甘みはしっかりありますが、甘味料なども使用しおらず、良質な酒米の甘味のみです。防腐剤や保存料も一切使っておりません。甘酒単品でも非常においしい商品です。気になる方は大賀薬局のドラッグストア・調剤薬局でお求めできます。



いいね 29
0

コメント

記事についてコメントする

ニックネームとコメントを
入力してください。

ニックネームを入力してください。

コメントを入力してください。

コメントを投稿する
管理栄養士チーム

ご相談は私たちまでお声がけください!


所属店舗 大賀薬局 新事業開発部
ご相談の際は、TEL092-414-7362までご連絡ください。
↓管理栄養士のインスタグラムやってます
ohga_cookingstyle

喜田 有紀 (管理栄養士・登録販売者)

病院に行く程ではないけれど、ちょっと聞いてみたい、自分なりに健康に良いと思うことを実践しているけれど、本当に自分に合っている方法なのか聞いてみたい、というお客様の相談に乗っています。健康診断で数値が心配な方、医師から食事に気を付けて、と言われたけど、何から始めたら良いか分からないという方、一緒においしく楽しく、食と栄養のパーソナルレッスンをしませんか。大きな病気になってしまう前に、出来ることはたくさんあります。お客様のライフスタイルに合った方法を一緒に考えてみませんか。



岩井 千紘 (管理栄養士・登録販売者)

普段は店舗での栄養相談会、企業・学校向け健康セミナー等の活動をしています。多くの方に食事の大切さをお伝えして、食事が原因で体調不良や病気になってしまわないようにサポートしていきたいと思っています。皆様の健康な生活維持の為に、より良い食事の知識をお伝えしていきます。ご自身やご家族の栄養面が不安な方、一緒に解決策を考えて参りますのでお気軽にご相談ください。食事の力で毎日を元気に過ごしていきましょうね。



荻野 桃 (管理栄養士・登録販売者)

自分の身体は自分で管理していかないといけない。健康寿命を長くしたい。という思いから、管理栄養士の資格を取得しました。食べることが大好きな私ですが、身体が喜ぶ食事をモットーに日々栄養学と向き合っています。栄養設定はひとりひとり違います。ご自身の体格、ライフスタイルに合った食と健康のアドバイスをご提供いたします。ちょっとしたことでも構いません、お気軽にお尋ねくださいね。栄養に関する考え方が変わってくるかもしれません。

お問い合わせCONTACT