コラムCOLUMN

2021.6.11漢方薬で早めのケアを。梅雨につらくなる症状と熱中症への対策

梅川 哲朗

大賀薬局 ライフストリーム 漢方薬 梅川 哲朗

0

2

漢方薬で早めのケアを。梅雨につらくなる症状と熱中症への対策

6月に入って、だんだんと梅雨らしい気候になり、すでに気温が30℃を超す地域も出てくるなど、夜は寝苦しい日も増えてきましたね。

四方を海で囲まれ、普段から「湿気」が入りやすい日本では、梅雨には、その湿度がピークとなって、私たちの体に影響を及ぼし様々な症状を起こします。

こうした体に不調をもたらす原因となる湿気のことを、漢方では「湿邪」と呼んでいます。

自然界の中に生きている限り、人間の体調は、時には天候や季節と密接にかかわり合います。

梅雨の時期にはこの「湿邪」の影響を受けて、何らかの不調を感じている人がたくさんいて、外がジメジメと湿った日が多ければ、人の体の中も、どこかしら水分が停滞しやすい状況にあります。




「湿邪」がきっかけで起こる様々な症状


体内に滞った水分は、身体に重だるい疲労感を与えると同時に、きちんと排出できない状態のままでいると、いたる所に「むくみ」となってあらわれてきます。

加えて、日頃から冷たい水分をたくさんとっている人や、もともと胃腸が弱い人は、その水滞が湿邪として胃や消化器系、いわゆる漢方でいうところの「脾」に影響して、下痢や軟便、食欲不振や消化不良などの症状を引き起こします。


さらに、脾は「肌肉」をつかさどる臓器でもあるため、皮膚病が出ると化膿したり、ジュクジュクした湿疹になりやすかったり、時には関節痛なども起こりやすくなります。

梅雨にこうした症状がいつもより強くあらわれたり、長引いてなかなか治らないように感じたら、その部位や状態に応じて湿邪を除去してくれる、漢方薬の活用がとても効果的です。


このことに関しては、昨年の6月に書いたコラムも一読頂けたらと思います。
《関連記事》「梅雨に起こりやすいむくみと不調について」




この時期から増えてくる「熱中症」


それからもうひとつ、この時期からは特に、上がり出す気温とともに増えてくる「熱中症」に対する予防や対策、そして、かかりにくい体づくりへの取り組みが重要です。

「熱中症」は、夏の炎天下のもと、仕事やスポーツなどで体を動かしている時だけでなく、直接日光があたらない室内で、じっとしている時にでも十分に起こり得る症状です。

梅雨のように湿度が高くて、その上に、あまり風も入り込まない状況となれば、体温は上がるけれども体の熱は逃げにくい状態となり、熱中症を発症しやすくなります。

これは、湿度が高い環境に長くいることで、体はうまく発汗ができなくなり、余分な水分が出せずに湿邪がたまりやすくなるのとともに、汗による体温調節機能も低下して、体に熱がこもってしまうことが、大きな要因だと考えられます。

とりわけ、体温調節を担う汗腺の働きが未熟な小さなお子さんや、加齢による体温調節機能の低下に伴い、暑さや喉の渇きを感じにくくなっているお年寄りなどは、熱中症にかかりやすい傾向にあるため、ご家族の方は十分に注意する必要があります。

尿の色が濃くて、臭いが強く、やや量も少なく出が悪い状態が続いていたり、舌の色が普段よりかなり赤く、あまり苔もなく乾いた感じになっていたら、体に熱がこもっているサインなので気をつけて見ておきましょう。




日頃の予防を意識した行動が大切


このような熱中症対策のカギとなるのは、普段からのちょっとした生活習慣での意識です。


もちろん、こまめな経口補水液などの摂取も、とても大切なのですが、ここでは、以前にも何度かお話させて頂いた、日頃からできる簡単な予防のための行動について、改めていくつかあげてみたいと思います。

◆『適度に汗をかく行動をする

高温多湿なこの時期に、汗をかくのは辛いと思われる方も多いでしょうが、涼しいエアコンのある所ばかりにいると、汗腺の機能がだんだんと退化して、その体温調節機能も衰えて、熱もこもりやすい体になってしまいます。
日頃から無理のない範囲で、適度に汗をかくことを意識して行動すると、体温を調節する機能も整い、室内外の温度差に対応できる体になり、熱中症の予防にもつながります。

◆『できるだけお風呂に入る

いつもシャワーで済ませることが多い人は、なるべくお風呂に入る機会を増やしましょう。
お風呂は、全身を温めて血液や水分の循環を良くしながら、体の中にこもった熱を発散してくれますし、自然な汗をかける環境も作ってくれます。
同時に、自律神経を整えてくれる効果もあるので、体温を調節する機能も向上します。

◆『冷たいものをとり過ぎない

ジメジメとした暑い日が続くと、何かしら冷たいものをとる機会が増えてきます。
そのことで、一時的に、暑さも和らぎ喉の渇きもおさまって、スッキリとした気分になって元気がでることも多いかと思います。
しかしながら、こうした機会が増えることで、内臓は冷えてその機能の低下を招いてしまい、体中に十分な水分を巡らす力が弱くなり、熱中症を起こしやすくなってしまいます。

特に、日頃からすぐにお腹をこわしやすい人は、下痢などで気づかないうちに、体が脱水ぎみの状態になるために、さらに気をつけなければなりません。
時々は常温などに変えてみて、水分摂取には冷たいものをとりすぎないようにしましょう。



漢方薬の活用も効果的


最後に熱中症の予防や対策に使える漢方薬を、いくつか簡単に紹介してみたいと思います。

・「五苓散」 体の必要な部分に、必要な水分を巡らせる利水薬。早めに飲むほど効果的。
・「白虎加人参湯」 口渇をおさえて全身の熱を冷ましながら、体を潤す働きがある。
・「生脈散」 中国では熱中症対策で点滴にも入れられている、体の体液と気力を補う薬。

他にも、もともと夏バテぎみの人に使う「清暑益気湯」や、「藿香正気散」、「黄連解毒湯」、「炙甘草湯」、「麦門冬湯」、「胃苓湯」といった処方なども状態に応じて活用できます。ひとりひとりの体質や今までの生活習慣、現在の体調等も考慮の上、早めに漢方薬でのケアを行うことにより、熱中症になりにくい体づくりが期待できます。




体の中もしっかり〝除湿″を


梅雨につらくなる様々な症状への対策も、熱中症に負けない体づくりも、汗による体温調節がちゃんとできて、体の中の湿邪やこもった熱をしっかりと出せる状態にすることが、最も重要なポイントとなります。

この時期には室内や住環境なども、日頃から除湿を心掛けるように、体の中もきちんと除湿を行って、憂鬱な梅雨の季節を元気に乗り切りましょう。





★カウンセリングについて★

気になる症状の改善や緩和に適した、漢方薬や健康食品を、きちんとセレクトするために、カウンセリングにはしっかりと時間をかけて対応させて頂きます。さらに症状の根本的な原因となる部分を認識するために、陰陽五行体質判定システム(税込1,000円)の活用による漢方カウンセリングも、ご希望に応じて行っております。

あなたのこれからの過ごし方が変わってくるかもしれません。

詳しくは下記の「漢方薬相談」の画面をタッチして、予約内容を一度のぞいてみて下さい



福岡市中央区天神2丁目11-3 ソラリアステージビルM2F(中2階)
TEL 092-733-7231
(株) 大賀薬局ライフストリーム 漢方カウンセリング (担当) 梅川


いいね 2
0

コメント

記事についてコメントする

ニックネームとコメントを
入力してください。

ニックネームを入力してください。

コメントを入力してください。

コメントを投稿する
梅川 哲朗

ご相談は私までお声がけください!



梅川 哲朗 (登録販売者・九州中医薬研究会会員・国際中医臨床薬膳師)
所属店舗 ライフストリーム

ご相談の際は、店舗宛TEL092-733-7231までご連絡ください。
店舗の詳細はこちら



色んな症状を持ちながら診療では病気ではないと言われて悩むお客様方にお役に立ちたく、日々、中医薬診断の学びと実践に努めています。細かい症状などを伺って体質を判定し、お客様個々に合った漢方薬や市販薬の上手な活用法をご提案しております。お気軽にご相談下さいませ。

お問い合わせCONTACT